2019年10月13日

夏川草介『神様のカルテ』の本音のブックレビューをご紹介!7

夏川草介『神様のカルテ』を購入した方の
評価を掲載します。


(40代・女性)
「本にはすいすいと読めるものと、
なかなか先に進めない本があります。

前者は私の能力に合い、
私の呼吸法にぴったりそった本です。

後者は、到底、私の能力に及ばないものや、
潜水夫のように長時間息を止めてないと
読みきれない本がほとんどです。

もっとも、これは本の内容の深さには関係ないことは
一言お断りしておかなくてはいけません。」


夏川草介『神様のカルテ』を購入した方の評価を
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















ラベル:夏川草介
posted by まーくん at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

冲方丁『天地明察』をネット通販で買って読んでみました!9

冲方丁『天地明察』の読者レビューを集めましたので
参考にして下さい。


(40代・女性)
「どこまで史実でどこからフィクションか知りたいところ。

数学や地図に好奇心旺盛な主人公が生き生きと描かれ
物語に引き込まれた。」


(30代・男性)
「江戸時代、日本独自の暦作りに挑戦した
渋川晴海の生涯を描いた作品です。

映画化もされたのでご存知の方も多いかもしれません。

主人公の数学や改暦に対する情熱に心打たれます。」


冲方丁『天地明察』の読者レビューをしっかり
チェックしてから注文して下さいね。

















ラベル:冲方丁
posted by まーくん at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

森見登美彦『太陽の塔』の本音のブックレビューをご紹介!4

森見登美彦『太陽の塔』を購入した方の評価を掲載します。


(40代・女性)
「森見さんの文体は少し固くて読みにくさを感じていた。

しかしその文体で書かれるユーモアが非常におもしろく、
クスッときてしまう。

それが本の面白さをグッと引き出していると感じた。

またこの文体により、主人公の虚しさや異端さが
より一層際立てられていると感じた。



森見登美彦『太陽の塔』を購入した方の評価を
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















ラベル:森見登美彦
posted by まーくん at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏川草介『神様のカルテ』の本音のブックレビューをご紹介!6

夏川草介『神様のカルテ』を購入した方の
評価を掲載します。


(40代・女性)
「少し古風な言いまわしが、読み進めるうちに
心地よくなってくる不思議な感覚でした。

目の回るような忙しさの中に時折あらわれる、
砂山先生や東西主任との軽妙なやり取りが面白い。

それから、ハルの癒し…
こんな細やかな気遣いのできる女性になりたいものです。」


夏川草介『神様のカルテ』を購入した方の評価を
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















ラベル:夏川草介
posted by まーくん at 14:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

東野圭吾『流星の絆』の読者の感想を調べました!2

東野圭吾『流星の絆』を買った人の
口コミをご紹介します。


(40代・女性)
「ハッピーエンドになって欲しくて、
どうか三人の思う犯人は人違いであってほしいと
願いながら読んでいました。

じゃあ真犯人は他にいないといけない、
一体誰なのか?と考えた時に
犯人に目星がついてしまいました。

いつもなら予想を超えてきてほしいと思うところですが、
ハッピーエンドの結末でホッとしました。」


東野圭吾『流星の絆』を買った人の口コミを
しっかり調べてから注文して下さいね。

















ラベル:東野圭吾
posted by まーくん at 23:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村上春樹『海辺のカフカ』の読者の感想を調べました!1

村上春樹『海辺のカフカ』を買った人の
口コミをご紹介します。


(40代・男性)
「抽象的曖昧象徴的な言葉を各所に散りばめているが、
思わせぶりな言葉を当てもなくあててるわけではなく、
意外と意味のとおる文章になっていることに気づく。

こういうのがいいところだと言われるのだろうな。

この作品はもしかすると文学のメタファーなのだろう。」


村上春樹『海辺のカフカ』を買った人の口コミを
しっかり調べてから注文して下さいね。

















ラベル:村上春樹
posted by まーくん at 16:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

この本が面白い!恩田陸『蜜蜂と遠雷』を読んだ評価4

恩田陸『蜜蜂と遠雷』を読んだ人の
評価をお伝えします。


(30代・男性)
「一つのピアノコンクールを通して、
4人の成長と想いをいっぱい感じる作品だった。

音楽がなくなっても、きっと誰も“死”なないだろう。

でもあることで豊潤な“生”き方ができるのもまた事実かな。

クラシックが最上でもポップミュージックが低俗でもなく、
それぞれ聞く人が感情が揺さぶられるのが音楽なのかなと。」


恩田陸『蜜蜂と遠雷』を読んだ人の口コミを
十分にチェックしてから注文してください。

















ラベル:恩田陸
posted by まーくん at 13:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

夏川草介『神様のカルテ』の本音のブックレビューをご紹介!5

夏川草介『神様のカルテ』を購入した方の
評価を掲載します。


(30代・女性)
「良かったです。

人の生き方を考えさせてくれる一作でした。

人生は長生きすることだけがいいことではなくて、
楽しむことが一番大切。

人に愛され、信じられ、力になることが一番だな。

安雲さんの手紙を読んでいるとき、
久しぶりにウルウルと感動した。

小さな幸せが人の死を超える幸せを与えるんだね。」


夏川草介『神様のカルテ』を購入した方の評価を
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















ラベル:夏川草介
posted by まーくん at 17:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

『四畳半神話大系』をネット通販で買って読んでみました!10

『四畳半神話大系』の読者レビューを
集めましたので参考にして下さい。

(40代・男性)
「パラレルワールドものが、
こんな風に展開されるのはちょっと斬新。

解説にコピペ機能を悪用とあるが、
この間違い探しのように読み解いていくと、
文字ならではの面白さがある。

結局パラレルワールドでも、
大事な選択はちゃんと押さえているのね。」


『四畳半神話大系』の読者レビューを
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















posted by まーくん at 22:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

森見登美彦『太陽の塔』の本音のブックレビューをご紹介!3

森見登美彦『太陽の塔』を購入した方の
評価を掲載します。


(40代・女性)
「コミカルな失恋話。

直接は登場しないのに主人公の語りや回想で
想い人の水尾さんという人間像がはっきり見える。

デビュー作で文章が荒削りだと聞いてたけど、
最後の主人公の回想シーンがあまりにも切なくて、

それを引き立てるためのガツガツした文章だったんじゃないか
と思うくらい完璧なバランス。」


森見登美彦『太陽の塔』を購入した方の評価を
しっかりチェックしてから注文して下さいね。

















ラベル:森見登美彦
posted by まーくん at 16:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする